忍者ブログ
ヲタの日常ぶろぐ。
プロフィール
HN:
璃野りぐら
性別:
非公開
職業:
貴腐人
趣味:
イラスト描き・アニカラ・ピアノ
自己紹介:
アニメ感想とヲタの日常気侭ブログ。
文章で使われるwは笑いの略。

暫くアニメ感想お休み中。

忍者ブログはTB廃止になりました(´`;)

●ピクシブへの投稿絵●

ロイド~
ロイド~~
ロイドォ~~~ 
グラ公☆ 
最新記事
(02/03)
(01/03)
(12/31)
(12/11)
(11/26)
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ブログ内検索
カウンター
オラ・オーラというオーラ診断をしてみた。
こちらから・・・http://nameall.cosotto.com/aura/

121681.png璃野りぐらで診断。
 
黄色づくしやんけw
花粉まとってるようだ。
3つ以外0%wwww
確かに
影響を受けやすい
おっちょこちょい
クールなとこあります。


xxxxxxxxxxxxxxxxxxx

ガンダム00 第19~21話
感想つづきから。
19話・絆

せっちゃんが単独でトリニティとの戦闘最中に
ティエリアきたああ!
仲悪い2人が協力!見ていてグッときた。

ナドレシステム発動!苦しむトリニティ。
まるで主役のようだ・・・ティエ。
そこへデュナメスきた!
「フェアプレイの精神でいこうぜ」
ロックオンかっこいいいいいいいい。

刹那の本名はソラン・イヴラヒム。
ロックオンの家族を殺した組織の中のメンバーだったとは。
組織に殺されたといえ刹那が直接手を下したわけではないし、
ロックオンが過去のことは仕様がないことと
冷静な思考で割り切ってる部分がある。
物事を客観的な視点で見られるところが彼のいいところ。
しかし、許せない感情的な部分との矛盾を抱えてる。

刹那を撃つのを止め、どこかその笑いが乾いていて
無理に笑ってるようだった。
辛い気持ちを押し込めてたのかな~。
刹那が「ありがとう」と云えたり、ティエが人に近づき
人を学んでいたり、少しづつガンダムマイスター達の
気持ちがお互い近づいてますね。
おお、タイトルの絆とは、このことか。

サジとルイスのところは、うるうるしちゃいました;
サジは2期でソレビーで2働くのでしょうか~?

20話・変革の刃

ロックオンがティエの正体に気づき始めてる。
声は絶望先生ですが、ティエの中身はおにゃのこなのね~。
だからピンクのカーディガン羽織ってるのか。(え、)

3国にDNドライブが渡された。しかし、奴は使用を拒否した。
「フラッグで倒す」
「男の誓いに訂正はない!」
グラハム漢すぎるwwwwwwww
流石。皆の期待を裏切らない。

炭酸がバーローさんに薔薇の花束を持って自宅訪問。
世界の変革より女性に興味がある炭酸は
ガンダム00の和み系キャラ。

首をつっこみすぎる一般人=死亡イベント突入。
加持さんが見本見せてくれただろーがーーー;;;
知りすぎるのは危険。

アレハンドロがリボンズに
「君はまさしく私のエンジェルだよ」
ガティフォモタイム乙wwwwww
前からあやしいと思っていたが本物だったのか。

少しはにかんだ
ティエがめっさ可愛い!!!
トリニティと戦う、セルゲイ親子を初めて応援した。
パパすごくかっこいいぞ!!!

21話・滅びの道

天涯孤独のサジ。辛すぎる・・・。

ラグナは総裁でした、予想外れちゃった~ん!

刹那は夢で己の深層心理に気付く。
・戦うことを止めたがってる。
・マリナに本名で呼ばれたい!

ヴェーダがハッキングされバックアップ出来ず、
3国のDNドライブ搭載した新型?より力量が
はるかに劣るガンダムマイスター達。
ソレビーが独自に展開したシステムで持ちこたえるが
ティエにはエラーで送信できず、そして放心する操縦者。
炭酸たちがティエに狙いを定め攻撃した時・・・!!!
ロックオーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン
庇うなんて優しすぎいいいいいいいい!!!!

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* パスワードを設定するとコメントの編集ができるようになります。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- カッシーニの観測 --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]