忍者ブログ
ヲタの日常ぶろぐ。
03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    アメリ/ダンサーインザダーク

    フランス映画っておしゃれ。小物とか。

    ビョークすきだよ






    アメリ(仏)

    さすがフランス。小物建物、どれもお洒落です。
    映像美。
    勇気のない女性がアレコレ工夫しつつ・・・
    矢印を地面に書いて追跡させるとか、
    仮面をつけて証明写真にメッセージつきで撮影するとか・・・
    相手に少しでも想いを伝える奇策(アイデア)が面白かったです。
    ストレートに気持ちを表現できないのが
    見ていてもどかしいw

    文学要素を感じさせる作品。
    ラストは有名なローマのなんとかを意識ですかね?
    ローマのなんとかは肌に合わなかったので、すぐ見るのやめたけどね



    ダンサーインザダーク

    ビョークの此の映画で歌った歌を収録した『セルマソングス』を先に聴いていたので、ラストを知りながら視聴。
    だから見ていて落ち込みはしなかったかなぁ。
    レビュー見ると見て後悔したという感想が多かった。
    確かに元々ハメられたものであり、あのラストは救いがない。

    ビョーク演技うまいね。思った以上に自然で、びっくりした。

    途中からどうしてこうなった展開に。
    ラストのために、もっていく流れですが。
    いささか強引か。

    金盗んだ上に虚言を吐き、殺させるとは・・・。
    そいつが警察官ておま。
    独りでしにませう。
    頼まれても、ころしちゃだめゼッタイ。
    何でころしてほしいって言ったのかイミフ。
    セルマに罪をきせるために、軽く言ったらマジでやりやがったグフって感じですか?

    信頼のおける相手かどうかもっとよく判断して、お金のことは慎重に言うべき。
    ということを、見せ付けられました。

    主人公がわりと自己中心的。
    ちゃんと真実は伝えよう。これ大事。
    チェコで有名なダンサーがオヤジって嘘はすぐばれるて。
    せめて一般人に・・・。
    正直に手術費貯めてましたって言えばよかったのにね。
    其の辺りの気持ちがよくわからない。
    警察官も、妻に金浪費しすぎコラァって言えばよかったのにねー。
    失うことを恐れていたようですが、金がないなら去る妻と、
    其処に本当の愛情はあるの?
    そんな上辺の間柄にしがみついてることは幸せなのか?
    自分のことを中心に考えている。
    それが人の弱さであり、人間の本質なのかもですが。

    でも、遺伝性疾患。母親なら子供抱きたくなっちゃうのかもね。
    ラストで、手術を受けたことがセルマに伝わったところが良かった。
    カトリーヌGJすぎて少しうるっときました。

    此の映画の歌の主役はビョーク、演技の主役はカトリーヌ。
    カトリーヌ演じる女友達が出来る女で面倒見も良くて◎。

    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [638]  [637]  [636]  [635]  [634]  [632]  [631]  [630]  [628]  [627]  [626
    プロフィール
    HN:
    璃野りぐら
    性別:
    非公開
    職業:
    貴腐人
    趣味:
    イラスト描き・アニカラ・ピアノ
    自己紹介:
    アニメ感想とヲタの日常気侭ブログ。
    文章で使われるwは笑いの略。

    暫くアニメ感想お休み中。

    忍者ブログはTB廃止になりました(´`;)

    ●ピクシブへの投稿絵●

    ロイド~
    ロイド~~
    ロイドォ~~~ 
    グラ公☆ 
    最新記事
    ブログ内検索
    カウンター


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]